ホーム>鉄の木のぬくもりBLOG>2016年2月

2016年2月

捨てられそうな物が…

捨てられそうな物が…




棚から落としてしまいカバー怖られ処分されそうだった置き時計。

まだ動いていたので、
再生してやろうと思い取っといた。

それから ひと月…
昨年の夏こと…

息子の夏休み。

テーマは、【ECO】

再利用し、
あるもので制作。

《ベースの木材》
事務所のリホームででた廃材。

《カレンダー部のブリキ板》
&
《両サイドの鉄板》
ウチの現場からでたスクラップ。

《ボルト類》
錆びて商品にならなくなった物。
また余っていた物。

《色》
作業場の余り。

《時計部》
ベース
使わないバインダー。

四隅の黒い物
何かを買った時に付いていた保護カバー?


《カレンダーの文字》
ホワイトボードに付いていたマグネットをハサミでカット。

紙は折り紙を両面テープで貼り付け。
文字は手でハンコ。


《F524文字》
ロス紙(コピー用紙)をカッターでくり抜き 後はステンシル。


制作時間
約二日。

あれから半年、
現在 私がガレージで使用中。

捨てられそうな物が、
捨てられない物に。





裏側はどうなのか?

裏側はどうなのか?


この雨水マスの蓋の構造は
3ミリと6ミリのステンレス製の板を2枚組合せ制作してあります。



それに加え裏側も補強がしてありますので少々のことでは大丈夫。


LittleWestのミニカー【リトルカー】

LittleWestのミニカー【リトルカー】

LittleWestのミニカー【リトルカー】
2.3mmの鉄板から切出したプレート
と木材を組み合わせ

それに
工業用キャスターのコマを付けたミニカー。
(シャフトはステンレス製)

「koro-koro」とよく転がります
「流石!工業用キャスターのコマかなりスムーズに転がります」


おもちゃではありません。





作るきっかけは
自分のガレージに飾る為、オブジェとして作りました。

オリジナル雨水マス蓋を

オリジナル雨水マス蓋を


気に入らなかった雨水マス蓋。


オリジナルに入れ替えて満足。



写真は入れ替えて数日経ってから撮影したので少し汚れています(・_・;が、、、

材質はステンレスSUS304なので
錆に関してはまず気にしなくていい。

後は、まわりの芝があおくなるのを待つだけ。(^.^)


littlewest雨水マスの蓋完成

littlewest雨水マスの蓋完成

蓋が完成。
サイズもぴったりです。
ステンレスの3ミリと5ミリの板からし切り出し組合せ完成です。